ナチュラルに薄毛改善!自毛植毛クリニックおすすめ比較

評判の自毛植毛クリニック厳選ガイド【全国版】

ナチュラルに薄毛改善!自毛植毛クリニックおすすめ比較

おすすめ自毛植毛 TOP » 自毛植毛がイチからわかる基礎知識集

自毛植毛がイチからわかる基礎知識集

これから自毛植毛を受けたいと考えている人に、知っておきたい基礎知識をまとめました。

<基礎知識その1>自毛植毛の主な手術方法

【FUT法】
世界でもっとも盛んに行われている自毛植毛です。FUTというのは「Follicular Unit(毛包単位) Transplantation(移植)」の頭文字からきています。

AGAでも軟毛化しない後頭部(ドナー)から「幅1cm×長さ10~20cm程度」の頭皮を切り取り、毛包ごとに株分けをして増やしたい場所へ植毛します。

【PNH法】
世界標準の「FUT」を更に進化させた方法です。植毛の際に、毛の流れ、密度など、より自然な仕上がりを自由に調整することができる、「Choi式植毛器」と呼ばれる器具を使います。

将来の抜け毛の進行具合を予測しながら自然なヘアデザインを提案してもらえますが、高度な技術・ノウハウが必要なため、PNH植毛を採用しているクリニックは貴重です。

【FUE法】
FUEとは「Follicular Unit(毛包単位) Extraction(抽出)」という意味です。

特徴は、移植する髪(ドナー)である後頭部、側頭部の髪を採取するときにメスをつかわないこと。パンチとよばれる危惧で毛根を切り抜いて自然に傷がふさがるのを待ちます。

切らないことに魅力を感じる人も多いのですが、髪を採取する際にパンチで盲目的にくりぬいていくため、採取した髪の毛根部が傷つき、植毛に使えなくなることが少なくありません。

大切な髪をムダにしやすい方法で、大量の髪を植毛には向かないといえます。

<基礎知識その2>自毛植毛にかかる費用の目安

おおまかにいうと、大体のクリニックが50~80万前後の金額になります。

自毛植毛の料金は、「植毛本数単位で算出」「ドナーの採取面積で算出」など、クリニックによって様々なシステムがあり、その単価設定にもかなりの差があります。

たとえば、植毛本数単位で算出するクリニックですと、次のようなイメージです。

合計:714,000円=(基本治療費:210,000円)+(1本336円×1,500本(例):504,000円]

<基礎知識その3>女性にもおすすめの自毛植毛

自毛植毛は、女性の薄毛対策にもとても有効です。あなたと同じように薄毛に悩む女性が周りにいたら、是非すすめてあげてください。

薄毛や抜け毛は、とかく男性特有の現象と捉えられがちですが、女性の中にも男性同様に深刻な悩みを訴える方がたくさんいます。

女性の場合は髪1本1本が細くなり全体的に薄くなっていく「びまん性脱毛症」の傾向が多いようですが、生え際や生まれつきM字型の薄毛で悩まれている方も少なくありません。

既に様々な対策が普及しているわけですが、育毛剤や増毛かつらなどには限界があります。

そこで、頭髪はもちろん、薄い眉毛やアンダーヘア、フェイスリフト手術でなくなったもみ上げへの植毛などにも有効な、PNHによるきめの細かい自毛植毛が女性たちの間でも注目されるようになってきています。