ナチュラルに薄毛改善!自毛植毛クリニックおすすめ比較

評判の自毛植毛クリニック厳選ガイド【全国版】

ナチュラルに薄毛改善!自毛植毛クリニックおすすめ比較

おすすめ自毛植毛 TOP » 自毛植毛がイチからわかる基礎知識集 » メリットとデメリットを理解しましょう

メリットとデメリットを理解しましょう

自毛植毛には、メリットもデメリットもあります。メリットの大きい薄毛改善策ではありますが、手術を決断する前に、デメリットもきちんと理解しておきましょう。

注目すべきメリットの多い自毛植毛

  • 仕上がりが自然

自分の毛根を別の場所に移動するため、毛の太さや色、ツヤなど、自然に仕上がります。白髪の多い人でも違和感なく、植毛部分にも同じ程度の白髪が混じるのは、どの方法にも見られない特出した点です。

  • 拒絶反応がない

自分の体の一部を別の場所に移動するだけなので、移植手術ではありますが、拒絶反応の心配はありません。

  • 手術の成功率が高い

成功率は95%と言われます。他の治療法(薬など)に比べると、格段に高い効果があります。

  • メンテナンスがいらない

定着した毛については、とくにメンテナンスはいりません。より多くの毛を植毛したいという場合を除けば、追加・継続的な治療の必要はありません。

自毛植毛におけるデメリット

  • 費用が高い

手術費用が100万円を超えることも、珍しくありません。植毛の本数が多ければ多いほど、費用も高くなります。

  • 移植できる髪の毛の本数に限界がある

元ある髪の毛の本数にも限りがあるので、移植できる本数には限りがあります。無理にたくさん移植しようとすると、逆にドナー部分が薄くなってしまう可能性も。

  • 生えそろうまでに時間がかかる

全体的に違和感なく生えそろうまでに、約半年~1年はかかります。すぐの効果を実感したい方には向いていません。

  • 傷跡が残る

どの植毛方法でも、傷跡は残ってしまいます。ただし、髪の毛で自然に隠れる程度です。

  • 一度の手術では終わらないことがある

定着率を良くするために、あえて移植の密度を薄くして、手術を何度かに分ける場合があります。

  • 手術後、しばらくの間は日常生活に注意が必要

移植の定着率を良くするために、飲酒や喫煙、運動の制限など、日々の生活において、気をつけなければならないことがあります。医師からの指示には、かならず従いましょう。

費用面が大きなデメリット?

自毛植毛のメリットとデメリット。比較してみて、いかがだったでしょうか?

感じ方は人それぞれですが「費用が高い」ということ以外、大きなデメリットは見当たらない、と感じた方も多いかと思います。

確かに、一般的な薄毛治療法に比べ、コスト面は気になるところ。しかし、自毛植毛には、注目すべき高い成功率があります。

失敗を繰り返しながら、他の方法を色々と試す手間や経費を考えれば、自毛植毛の費用が高いとは、決していえないのではないでしょうか。