ナチュラルに薄毛改善!自毛植毛クリニックおすすめ比較

評判の自毛植毛クリニック厳選ガイド【全国版】

ナチュラルに薄毛改善!自毛植毛クリニックおすすめ比較

おすすめ自毛植毛 TOP » 自毛植毛がイチからわかる基礎知識集 » 自毛植毛手術の失敗を避けるためには?

自毛植毛手術の失敗を避けるためには?

自毛植毛は安全であり、成功率も95%と言われます。しかし、少ないとは言え、失敗のリスクもあります。具体的な失敗例と、クリニックを選ぶ際に重視すべき基準を解説します。

自毛植毛における失敗のリスクとは?

  • 生え際が一直線になってしまった…

一般的に、額の生え際は一直線ではありません。両サイドに角度をつけて生えていたり、まばらなジグザグだったりします。一直線になってしまった場合、見た目は不自然に。生え際が弧を描いてしまった、という失敗例もあります。

  • 他の部位よりも密度が濃くなってしまった…

移植していない箇所に比べ、移植した部分の密度が濃くなってしまった例。バランスが悪く、不自然に見えてしまうという失敗事例にあたります。一般的に、移植した部分のほうが薄ければ、さほど不自然ではないとされます。

  • 髪の流れや向きが変になってしまった…

髪の生える向きは、人によって大きく異なります。これを考えずに、ただ機械作業的に移植してしまうと、そこに生えた髪だけが変な向きに生えます。場合によっては髪の塊が出来てしまい、髪の流れが不自然に。

  • 必要以上に傷跡が大きいような気がする…

自毛植毛は移植手術なので「メスを使わない」とうたっている「FUE」という方法でも、傷跡が残ることは避けられません。多くの場合は髪が生えることで、自然と隠れるため目立つことはありません。

しかし、縫合の技術次第では、傷跡が大きく残り、必要以上に目立ってしまうことが。メスを使わない手術だったとしても、医師の経験不足によっては、メスを使う「FUT」よりも目立つ手術痕を残すことがあります。

リスクを回避するためにも信頼できるクリニック選びを

失敗例を4つ挙げましたが、いずれも原因はただひとつ。医師の技術力です。

自毛植毛は、分類するならば外科手術の一種。医師の経験や技術力、センスも大きく作用するのが外科手術なのです。

失敗例を見ても分かるように、毛髪の移植には「デザイン力」「豊富な経験」「技術力」「髪の生え方を理解すること」が、医師に必要とされます。

だからこそ、自毛植毛をする際には、信頼のおける医師がいるクリニックを選ぶことが、最も重要な要素となってくるのです。

あれもこれもと、さまざまな手術方法を行っているクリニックは、安易に過信しない方がベター。種類の豊富さよりも、一つの手法にこだわり、技術を磨いているクリニックかどうか判断しましょう。

また、アフターサポートの体制や体験者の声も参考にし、失敗のリスクが少ない、信頼できるクリニックを見つけましょう。