ナチュラルに薄毛改善!自毛植毛クリニックおすすめ比較

評判の自毛植毛クリニック厳選ガイド【全国版】

ナチュラルに薄毛改善!自毛植毛クリニックおすすめ比較

自毛植毛の傷跡は隠せる?

自毛植毛を考えている方の中でも「傷跡が残ってしまうのではないか」という不安を抱えている方は数多くいらっしゃいます。そんな心配を解消するため、自毛植毛による傷跡についてまとめました。

自毛植毛による傷跡は?

大掛かりなものではないにせよ、自毛植毛は手術の一種。メスを使う・使わないに関わらず、皮膚に傷をつけて移植を行います。大きさや深さに個人差はありますが、その傷跡は残るといっていいでしょう。

とはいえ、植毛したにも関わらず、スキンヘッドにする人はいないですよね。

髪の毛が生えてくれば、わざわざ隠そうとしなくても、傷跡は自然に髪の毛の中に隠れます。施術を受けた方のほとんどは、自毛植毛による傷跡は気にならないそうです。

FUTとFUEの傷跡を比較

自毛植毛にも、いくつか種類があります。

それらの中でも、とくに一般的なのが「FUT」、「FUE」と呼ばれる方法です。

「FUT」は、別名ストリップ法とも呼ばれ、メスで切る手術になります。一方「FUE」は、ダイレクト法とも呼ばれ、「切らない自毛植毛」というキャッチフレーズが付けられています。

自毛植毛の代表的な、これら2つの方法の傷跡に関して見てみましょう。

【FUT】

  • 手術後に残る傷跡

後頭部に、白い横長のラインのような傷跡が残ります。FUT法は一般的に、後頭部の「ドナー」と呼ばれる部分を切除します。移植用の苗になる部分です。切除されたドナー部分は、その後、縫合されるため、どうしても痕跡が残ってしまいます。

  • 傷跡を隠す方法

髪が伸びれば自然と隠れます。傷跡とは言っても、ラインの太さは1ミリ程度。とても細い傷跡です。坊主頭や極端な短髪にでもしない限り、傷跡は髪の毛で隠れます。気になる方は、後頭部の髪の毛の長さを、常に2センチ以上に保つと良いでしょう。

【FUE】

  • 手術後に残る傷跡

後頭部など、ドナーとなる部分に、白い米粒状の傷跡が点々と残ります。パンチを使って、ドナーを毛根ごとくり抜く方法ですので、くり抜かれた場所には毛が生えません。傷跡というよりも、無毛の部分が白い点々となって残る、といった方がイメージしやすいでしょう。

  • 傷跡を隠す方法

髪が伸びれば自然と隠れます。ただし、広範囲で毛根を抜くと、後頭部全体が薄くなったと感じる方も。植毛本数が多い場合には、FUTのほうが傷跡は隠しやすいと言えるでしょう。