ナチュラルに薄毛改善!自毛植毛クリニックおすすめ比較

評判の自毛植毛クリニック厳選ガイド【全国版】

ナチュラルに薄毛改善!自毛植毛クリニックおすすめ比較

おすすめ自毛植毛 TOP » 自毛植毛がイチからわかる基礎知識集 » 毛が生えそろうまでの期間は?

毛が生えそろうまでの期間は?

自毛植毛は、髪の毛が生えてくるまでにそれ相応の期間がかかります。「こんなに時間がかかるとは思わなかった」ということのないように、植毛の効果が出るまでの期間を、事前に十分理解しておきましょう。

焦りは禁物!自毛植毛の効果が見えるまでの期間とは?

ある程度のまとまった髪の毛が生えそろうまでには、自毛植毛の手術後から約6か月~1年の期間がかかるということを覚えておきましょう。

自毛植毛を受ける方に多く見られるのが、すぐに生えてくると思っているケース。たしかに手術を受けた直後は、別の場所から毛を移植した状態なので、以前よりも髪の毛が増えて見えます。

しかし1ヶ月ほど経つと、移植した髪の毛は、徐々に抜け落ちることがほとんど。さらに、周辺部分の毛まで抜けてしまうこともあり、ここで多くの方は焦りを感じます。そこから2~3ヶ月は髪の毛が生えない状態が続くため、中には「手術が失敗したのでは…」と思う方もいるようです。

でも、安心してください。通常では自毛植毛をして、およそ3~4ヶ月程度経ってから新しい産毛が生え、他の髪の毛と同じように1ヶ月に約1センチずつ伸びます。4ヶ月目から産毛が生えてきたと仮定すれば、6か月目には2センチ 1年後には8センチ伸びていることになります。

そのくらいまで伸びていれば、十分に「髪が生えそろった」と言えるのではないでしょうか。

知っていれば安心!髪の毛の成長サイクル

髪の毛の生成には「成長期→退行期→休止期→成長期→…」といったサイクルが存在します。

  • 【成長期】…髪の毛が元気に成長している期間のこと
  • 【退行期】…髪の成長が衰えて、毛が抜け始めている期間のこと
  • 【休止期】…次の成長期に向けて準備をしている期間のこと

自毛植毛というイレギュラーな事態が頭皮に発生すると、毛根は一気に「退行期→休止期」に入ります。これは、新たに正しいサイクルを作る準備を整えるためで、自毛植毛のあとに一時的に髪が抜け落ちてしまう一番の理由となっています。

こうしたサイクルが背景にあることを知っていれば、自毛植毛後の抜け毛を不安がる必要もなくなりますよね。むしろ、毛根が正しいサイクルを作り始めた、という証になります。

効果の即効性を期待してしまう気持ちも十分に分かります。しかし、自毛植毛を受ける際には、気長にご自身の髪の毛の成長を見守る気持ちが必要だということを覚えておきましょう。