ナチュラルに薄毛改善!自毛植毛クリニックおすすめ比較

評判の自毛植毛クリニック厳選ガイド【全国版】

ナチュラルに薄毛改善!自毛植毛クリニックおすすめ比較

ザガーロ

2016年から発売が開始されたAGA治療薬・ザガーロについて、その特徴や効果、副作用などをまとめました。

臨床検査が証明する高い発毛効果!ザガーロの効果とは?

特徴と主成分

ザガーロは、AGA治療薬として有名なアボダートやアボルブと同じ『グラクソ・スミスクライン』から発売されている薬。AGAの治療効果はプロペシアをしのぐとさえ言われています。

有効成分は、アボダートやアボルブと同じデュタステリド。AGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制することで抜け毛を減らし、かつ発毛を促す働きがあるとされる成分です。

なお、アボダートやアボルブは厚労省非認可のAGA治療薬ですが、ザガーロは2015年9月に認可を取得済み。2016年6月13日より発売開始となりました。プロペシアやミノキシジルに並ぶ有効なAGA治療薬として、今後ますます普及していくことでしょう。

値段:8,300~13,000円

ザガーロは、プロペシアの1.7倍の発毛効果があるとされています。値段の方もも概ね1.7倍程度となっています。

効果の出る人の割合と期間

個人差はありますが、服用12週間(3ヶ月)程度で発毛を実感する人も少なくありません。服用24週間(6ヶ月)で、多くの人に発毛効果が見られると言われています。

副作用

主な副作用は、勃起不全、性欲減退、射精障害です。臨床検査では、服用した人の16.7%に副作用が現れており、これはプロペシアの5.0%を大幅に上回ります。

ザガーロの発毛効果を証明する臨床検査があります。AGA患者120名が、主成分であるデュタステリド0.5mgを約半年間服用したところ、頭皮面積5.06㎠に対して平均89.6本の増毛が確認されました。人の頭皮面積は全体で700㎠(5.06㎠の138倍)程度なので、単純に89.6本×138倍として、半年で頭皮全体に12,000本以上の毛髪が増えたことになります。

ちなみに正常者の頭髪は約100,000本。わずか半年でAGA患者の頭皮に12,000本もの毛髪が増えれば、見た目は明らかに違ってくることでしょう。

ただし、上でも触れたように、代表的なAGA治療薬であるプロペシアに比べて3倍以上の比率で副作用が現れています。プロペシアの副作用発生率も決して少なくない現状、その3倍という数字が臨床検査で発覚したことは、少々気になります。

AGAを内服薬で治療したいという人は、まずは定番のプロペシアを試し、1年ほど服用しても効果がほとんど見られない場合に限って、医師に相談のうえザガーロを検討してみるのもよいかもしれません。