ナチュラルに薄毛改善!自毛植毛クリニックおすすめ比較

評判の自毛植毛クリニック厳選ガイド【全国版】

ナチュラルに薄毛改善!自毛植毛クリニックおすすめ比較

M字はげ

年齢と共に進行するM字はげの自毛植毛で気をつけるべきポイントを解説。クリニックに相談するときの参考にしてください。

ヘアラインのバランスを意識した自毛植毛がポイント

剃り込み部分がドンドン食い込んでいき、やがては頭頂部の薄げ部分と繋がってしまうM字はげ。頭皮がなくなった部分がMの形に見える事から、その名がついています。

M字部分の薄毛が気になる人は、注意が必要です。M字はげは、年齢に伴う進行のスピードがとても早いからです。「あっ?俺ハゲて来たかな?」って感じたら、早めの対策を講じる必要があります。

M字はげの植毛は、生え際の後退している部分に植毛して、生え際が横一線になるよう整えることになります。

M字部分にピンポイントで植毛を行うことで、自然な見た目に整えられることができて、実は最小限の植毛でも対処が可能とされています。

最小限の植毛本数で見た目を整えることのできる技術を持つクリニックであれば、痛みなどの負担が少なく、費用も抑えることができます。

ただし、生え際への植毛には、いくつかの注意点があります。

ひとつは、ヘアラインを下げる加減です。植毛した部分は基本的に薄毛・抜け毛の進行がストップするので、年齢相応のヘアラインを整えることが大事。40代~の人が、20代の頃のイメージでヘアラインを整えると、年齢に対して逆に不自然になってしまいます。

ですから、闇雲にヘアラインを下げるのではなく、数年後の年齢でも違和感がないかを意識して、植毛のプランを立てる必要があります。

また、濃さの加減も重要です。「濃くしたい」という気持ちはわかりますが、植える毛が濃すぎると、周囲の髪とあわなくなり、おかしなヘアスタイルになってしまいます。